熊野磨崖仏すぐ、大分国東の歴史観光スポット「胎蔵寺」(たいぞうじ)へようこそ。楽しい開運イベントに名物坊主のおもしろ説法も聞けるパワースポットです。

護符 (開運お願いシール)

護符 (開運お願いシール)

ただ今、胎蔵寺にお参りの方には「お願いシール」を差し上げておりますのでお申し付けください。

(住職等が不在の場合は、渡せないことがありますのでご了承ください。)

金色のシールをお不動さんや七福神、ご自分の干支の石像などにぺたぺた貼ってお願いするものです。

最後の一枚は、立身棒様を探して貼ってみてください。(建物の中にあります。)

護符 開運願いシールの案内

お願いシールという風にインターネットではよく書かれていますが、元来は護符と言うそうです。

(以下は住職による案内です。)

シールには印が書いてあります。書いてあるのは、"そわか"の「か」、梵語でございまして、お地蔵様を意味します。

なぜかといいますと、お地蔵様は種です。「いい種をまくといい結果が出る」という意味があります。

ほかのお寺では、七福神さんにそのまま拝みますが、この寺では護符を貼って初めて御利益があるというところが違います。

今から七十年ぐらい前から護符は貼っています。そのとき貼っていたのは、本物の金でした。行者仏教の場合は、本物の金をはります。ですので、すぐに持って行かれていました。

それから、こういうシールという形の護符に変わったということです。

全国的にみても、シールを貼るところはなかったのですが、ここ二、三年で四つか五つ東京とか大阪にも広まっているそうです。
このお寺オリジナルのもので、この寺から広がっていったものでございます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional